関東地方大気環境対策推進連絡会微小粒子状物質合同調査会議

各自治体ページへ

調査概要

平成28年度調査

PM2.5の成分分析については,現在,大気汚染防止法に基づく常時監視の一環として,各自治体において実施されていることから,本調査会議では,各自治体における成分分析の期間をできるだけ合わせて実施し,その結果を持ち寄って解析を行うこととしています。
また,フィルターパック法により,これまで行ってきたガス状物質前駆物質の調査も並行して行うこととします。

概要
日程 【春季】平成28年5月6日(金)~5月20日(金)
【夏季】平成28年7月21日(木)~8月4日(木)
【秋季】平成28年10月20日(木)~11月3日(木)
【冬季】平成29年1月19日(木)~2月2日(木)
地点 各自治体で成分分析を実施する大気常時監視測定局
項目

粒子状物質
・粒子状物質濃度
・水溶性無機イオン(Na+, NH4+, K+, Mg2+, Ca2+, Cl-, NO3-, SO42-)
・炭素成分(EC, OC、WSOC)
・金属等元素成分
ガス状物質:
・HCl, HNO3, SO2, NH3

ページトップ