関東地方大気環境対策推進連絡会微小粒子状物質合同調査会議

各自治体ページへ

調査概要

平成22年度調査

大気環境における近年の行政課題の例としては、光化学大気汚染(光化学スモッグ)大気中微小粒子(PM2.5)が挙げられます。これらを踏まえ、本合同調査は平成20年度から、調査手法を大幅に変更しました。調査時期を光化学スモッグの発生しやすい夏季の2週間とし、大気中に浮遊する粒子状物質(特にPM2.5)およびそのガス状前駆物質に着目した調査を行います。 また、H22年度は、環境省による四季のPM2.5調査も並行して実施されます。(日程については、5.に記載)
概要
日程 7月26日(月)~8月9日(月)(ろ紙交換は10時を基本とする)
期間① 7月26日~7月28日
期間② 7月28日~7月30日
期間③ 7月30日~8月2日
期間④ 8月2日~8月4日
期間⑤ 8月4日~8月6日
期間⑥ 8月6日~8月9日
方法 (粒子状物質)簡易型PM2.5サンプラー(PCI(もしくはMCI)サンプラー)
(ガス状物質)4段フィルターパック法(NILUフィルターホルダー)
地点 粒子状物質(PM2.5) 16地点/ガス状物質12地点

site2010

図 粒子状物質およびガス状物質の調査地点

地点名 担当自治体 場所 緯度・経度
1 平塚 神奈川県 神奈川県環境科学センター 35.20.51N/139.21.05E
2 横浜 横浜市 横浜市環境科学研究所 35.25.09N/139.37.14E
3 川崎 川崎市 川崎市公害研究所 35.30.43N/139.42.55E
4 江東 東京都 (財)東京都環境整備公社 環境科学研究所 35.39.54N/139.49.39E
5 さいたま さいたま市 さいたま市役所 35.51.43N/139.38.43E
6 騎西 埼玉県 埼玉県環境科学国際センター 36.04.49N/139.33.50E
7 千葉 千葉市 千葉真砂公園測定局 35.37.51N/140.04.15E
8 市原 千葉県 市原岩崎西測定局 35.31.22N/140.04.18E
9 土浦 茨城県 茨城県土浦保健所 36.04.16N/140.11.27E
10 宇都宮 栃木県 栃木県保健環境センター 36.36.01N/139.56.25E
11 前橋 群馬県 群馬県衛生環境研究所 36.24.06N/139.05.57E
12 長野 長野県 長野県環境保全研究所 36.37.57N/138.10.38E
13 甲府 山梨県 山梨県衛生環境研究所 35.40.08N/138.33.11E
14 静岡 静岡市 服織小学校測定局 34.59.07N/138.20.09E
15 島田 静岡県 島田市役所測定局 34.49.59N/138.10.45E
16 浜松 浜松市 北部測定局 34.45.43N/137.43.03E
項目

粒子状物質:
 ・粒子状物質濃度
 ・水溶性無機イオン(Na+, NH4+, K+, Mg2+, Ca2+, Cl-, NO3-, SO42-)
 ・炭素成分(EC, OC、WSOC)
 ・金属等元素成分
ガス状物質:
 ・HCl, HNO3, SO2, NH3

環境省PM2.5調査 地点は3.と同一

春季:H22年5月14日~5月28日
夏季:H22年7月26日~8月9日
秋季:H22年11月5日~11月19日
冬季:H23年1月26日~2月9日

ページトップ