関東地方大気環境対策推進連絡会微小粒子状物質合同調査会議

各自治体ページへ

調査概要

平成19年度調査

平成19年度は1都9県5市で夏期および初冬期に調査を実施しました。 H20年度に試料の分析を行い、年度末に結果を報告書にまとめます。
概要
日程 夏期調査 7月30日~8月3日(一般環境)、7月30日~8月10日(道路沿道)
      冬期調査 11月26日~11月30日(一般環境)、11月26日~12月7日(道路沿道)
      ※道路沿道は、5つの期間に分割して、計5回の調査を行いました。
方法 ・一般環境:アンダーセン・ローボリューム・サンプラー(粒径11μm以上、11μm~2.1μm、2.1μm以下の3段構成)2台を並行運転(石英ろ紙、ポリフロンろ紙を1台ずつセット)
 ・道路沿道:簡易型PM2.5サンプラー(PCI)1台(石英ろ紙)
地点 ・一般環境17地点/道路沿道13地点

site2007

関東甲信静の自治体による調査地点(平成19年度、一般環境)

【一般環境】

地点名 担当自治体 場所 緯度・経度
1 平塚 神奈川県 神奈川県環境科学センター 35.20.51N/139.21.05E
2 横浜 横浜市 横浜市環境科学研究所 35.25.09N/139.37.14E
3 川崎 川崎市 川崎市公害研究所 35.30.43N/139.42.55E
4 江東 東京都 (財)東京都環境整備公社 環境科学研究所 35.39.54N/139.49.39E
5 戸田 埼玉県 埼玉県戸田・蕨保健所 35.48.52N/139.49.39E
6 さいたま さいたま市 さいたま市役所 35.51.43N/139.38.43E
7 騎西 埼玉県 埼玉県環境科学国際センター 36.04.49N/139.33.50E
8 千葉 千葉市 千葉真砂公園測定局 35.37.51N/140.04.15E
9 市原 千葉県 市原岩崎西測定局 35.31.22N/140.04.18E
10 土浦 茨城県 茨城県土浦保健所 36.04.16N/140.11.27E
11 一宮 千葉県 一宮東浪見測定局 35.20.58N/140.22.54E
12 宇都宮 栃木県 栃木県保健環境センター 36.36.01N/139.56.25E
13 前橋 群馬県 群馬県衛生環境研究所 36.24.06N/139.05.57E
14 長野 長野県 長野県環境保全研究所 36.37.57N/138.10.38E
15 甲府 山梨県 山梨県衛生環境研究所 35.40.08N/138.33.11E
16 静岡 静岡市 静岡市環境保健研究所 34.59.07N/138.20.09E
17 島田 静岡県 島田市役所測定局 34.49.59N/138.10.45E

【道路沿道】

地点名 担当自治体 場所
1 平塚松原 神奈川県 松原歩道橋自排局
2 横浜滝頭 横浜市 磯子区滝頭自排局
3 川崎池上 川崎市 池上新田公園前自排局
4 江東亀戸 東京都 江東区亀戸自排局
5 鴻巣 埼玉県 鴻巣市天神自排局
6 柏大津ヶ丘 千葉県 柏市大津ヶ丘自排局
7 千葉市役所 千葉市 千葉市役所自排局
8 土浦中村南 茨城県 土浦中村南自排局
9 矢板市片岡 栃木県 矢板市片岡公民館自排局
10 国設前橋 群馬県 国設前橋自排局
11 更埴IC 長野県 更埴IC自排局
12 山梨県庁 山梨県 山梨県庁自排局
13 藤枝 静岡県 藤枝自排局
項目

一般環境:粗大粒子と微小粒子を対象、道路沿道:PM(10-2.5)とPM2.5を対象
 ・粒子状物質濃度
 ・水溶性無機イオン(Na+, NH4+, K+, Mg2+, Ca2+, Cl-, NO3-, SO42-)(イオンクロマトグラフ法)
 ・炭素成分(EC, OC)(CHNコーダーを用いた熱分離法)
 ・多環芳香族炭化水素(B[a]P, B[k]F, B[g,h,i]P)(高速液体クロマトグラフ法)
 ・金属等元素成分(一般環境のみ)(短寿命核種10元素)(放射化分析法)

ページトップ