関東地方大気環境対策推進連絡会微小粒子状物質合同調査会議

各自治体ページへ

関東地方大気環境対策推進連絡会微小粒子状物質合同調査会議

日本最大の大都市圏といえる本地域では、近年SPM(微小粒子状物質)の濃度レベルは低下傾向にあり、環境基準達成状況も良好な状況にあると言えます。

現在では、連続自動測定器を用いた常時監視体制の整備と、その組成情報を得るための「成分分析」体制の整備が進められています。

参画自治体

各自治体ページ

茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県、さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、相模原市、静岡市、浜松市

活動報告

More

調査について

調査概要

調査結果

ページトップ